映画公園僕日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 東京国際映画祭 『虹の女神』

<<   作成日時 : 2006/10/25 23:01   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

今日は東京国際映画祭の開催されている
六本木ヒルズにいってきました。
雨で少し肌寒かったけれど、僕は足取り軽く会場入り。
午前中の上映ということもあって、
場内は思っていたほど混雑をしておらず
上映スクリーンへ向かう。

映画は『虹の女神』

画像


岩井俊二さん初のプロデュース作品で、監督は
以前に岩井作品の「スワロウテイル」のメイキングプロデューサーもつとめたことのある
熊澤尚人氏。また出演人も豪華で、主演に市原隼人、上野樹里を向かえ
蒼井優、相田祥子、酒井若菜、田中圭。小日向文世、佐々木蔵之介。
それにほんの2分たらず出演で鈴木亜美。
ピエール瀧もでていたな。

僕自身が岩井さんのFANということと、
CMや映画館で見かけた予告に胸を打たれ待ち望んでいた作品。
岩井美学と重なる、色や温度のトーンがまた美しく、
カメラワークも視聴者のくすぐるモノがあった。
中でも人物描写の繊細なタッチには自己を投影してしまい、
気づくと思わずスクリーンに見入っていた。
ただ、どうも日常的なシーンを描いているストーリーと
綺麗すぎる映像美がミスマッチで入りこめない部分も正直、否めない。
ただ、ものすごく素敵なんだ。
かわいい青春の1ページが綴られた日記を読み返すような記憶が響く。
もう一度みたいと思う映画だ。

またこの上映後、出演者・キャストによる舞台挨拶と
主題歌を担当している種ともこさんによる生ライブがあった。
市原隼人君、熊澤監督、種さん、岩井さんの順で紹介されるんだけど、
みんな緊張しているように感じたよ。
司会の人から全員の紹介と合わせて、質問が合って、
最後に種さんのライブという流れ。
思い出せるだけ書いてみるね。

司会者:「市原さんはこの映画に出演された感想は?」
市原隼人:「すげえ大好きな映画なんで、みんなにみてもらえて本当うれしい」

司会者:「熊澤監督はこの映画を監督されていかがでしたか?」
熊澤監督:「自分の母校で何年ぶりに所属していた部室に戻ってきて新鮮だった。自分で編集していて、ラストのエンドロールに入るところが一番ぐっとくる。何度も見てほしい映画です。何よりも岩井さんに監督を頼まれたことで緊張をした」
司会者:「この主題歌を唄われていかがでしたか?」
種さん:「もう20年も前に作った歌がどこかでこの作品とリンクできたことがうれしい。この映画の主人公のように頑張っている女の子に聞いてほしい」

司会者:「はじめてのプロデュース作品ということで、作者の桜井さんや監督の熊澤さんなどとのコラボレーションをしてみていかがでしたか?」
岩井さん:「プロデューサーとして初めての映画で、初めて東京(国際映画祭)に呼ばれましました。この近くに住んでいるので今までもいつ呼んでもらえるのかと思ったけど、ありがたいです。(笑)」

司会者:「プロデュースしてみていかがでしたか?」
岩井さん:「今までの映画を監督するという立場では、まるでオリンピックにでるように一人でいつも一番前にたってみんなをひっぱっていかなければいけなかったけれど、プロデューサーとして後ろから追いかける立場だったので、いろいろなことを見ることができた」

司会者:「5年ぶりに主演の市原さんとお仕事されていかがでしたか?」
岩井さん:「当時は入ったばかり(芸能界に)だったのでかもの親子のようにいつも連れて歩いていた(笑)田んぼの中を連れて回っては、ここで撮るぞとかいっていた分、今は大きくなったなと思う(笑)」

司会者:「市原さんは岩井さんとお仕事されていかがでしたか?」
市原:「この世界にはいるきっかけをくれた人(岩井さん)で、映画もCMもドラマも何にもでることができないはずだったので感謝している」


このあと、キャストたちは退場して
種さんのライブ。
生演奏で、「元気力爆弾」と「the rainbow song 〜虹の女神〜」の2曲を披露。

※岩井さん情報1※
光沢がかったグレイのジャケット+BKのインナー、パンツ
全体的にオーバーサイズ。
靴は紺か、ブラックでオレンジのラインと紐のスニーカー。
髪の毛はトレードマーク?のいつものあの肩にかかる長さでした。

会場が暗くなってから岩井さんはそっとでてきて、舞台袖で鑑賞されてた。
もともと種さんのファンらしいです。この曲もたまたまこの曲を聴く機会があって
テーマソングになったといういきさつらしい。

僕が思い出せるのはこのくらいかな。
若干、表現が違っている箇所もあるかと思いますが、ご了承ください。

28日の公開初日にはまた、ヒルズで舞台挨拶が行われるらしい。
そして今度は種さんに変わって、主演の樹里ちゃんがかけつけるらしい。

映画もよかったけれど、僕は憧れの監督(岩井さん)を
生でみれて超感無量(涙)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
東京国際映画祭 『虹の女神』 映画公園僕日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる