映画公園僕日記

アクセスカウンタ

zoom RSS デュエリスト

<<   作成日時 : 2007/01/11 00:23   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

普段韓国映画をあまり観ないのだけど
予告でみた映像が綺麗で気になっていて
デュエリストを観ました


デュエリスト


うーん。
どうもあまりストーリーに入りこめませんでした

目に入ってくる画はとても綺麗で
朝鮮王朝時代という時代設定で衣装や舞台の色使いに華があったり
淡い遮光を使って画作りをしているシーンが多くて
一見美しいのだけど
どこか雑っぽい印象が残るというか

あと
僕個人的に入りこめなかった理由もあって
ヒロインのナムスンのキャラに好感を持てません
おもわず目をそらしたくなったりしてしまって

松たか子さんに似た黒髪の正統派な顔つきで
ヴィジュアル的に受け付けないとかそういうのでもない訳で
表現の文化の違いなんでしょうかねえ


ヴィジュアル面で気になってみた作品だったので
観ていられたけど
もし武術モノとして観ていたとしたらつらいかもしれないですね


この映画をまとめるとカン・ドンウォンは美しい人といことなのでしょうか



儚いストーリーだけだっただけに
タイトルの『デュエリスト』はどんな意味を持つのか
興味があったのだけど


なんだなんだ「刑事」という意味らしいのです
どこまでも深みを感じさせないのね
この映画




デュエリスト デラックス版 [DVD]

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
NO.170「デュエリスト」(韓国/イ・ミョンセ監督)
異形なふたりのデュエリストは、 舞踏のように剣を交わし、性愛を代替する。 ...続きを見る
サーカスな日々
2007/01/17 20:01

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
デュエリスト 映画公園僕日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる