映画公園僕日記

アクセスカウンタ

zoom RSS ヒミズ

<<   作成日時 : 2012/03/07 22:22   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像


15歳の少年・住田祐一は、実家の貸しボート屋に集まる、震災で家を失くした夜野さん、田村さんたちと平凡な日常を送っていた。住田のクラスメイトの茶沢景子は、大人びた雰囲気の住田が好きで猛アタックをかける。疎まれながらも彼との距離を縮めていく茶沢。ある日、借金を作り蒸発していた住田の父が帰って来た。金をせびりながら殴りつける父親の暴力に耐える住田。ほどなく母親も中年男と駆け落ちしてしまい、住田は天涯孤独となってしまう。15歳の少年・住田祐一は、実家の貸しボート屋に集まる、震災で家を失くした夜野さん、田村さんたちと平凡な日常を送っていた。住田のクラスメイトの茶沢景子は、大人びた雰囲気の住田が好きで猛アタックをかける。疎まれながらも彼との距離を縮めていく茶沢。ある日、借金を作り蒸発していた住田の父が帰って来た。金をせびりながら殴りつける父親の暴力に耐える住田。ほどなく母親も中年男と駆け落ちしてしまい、住田は天涯孤独となってしまう。



  ◇キャスト:染谷将太、二階堂ふみ、渡辺哲、吹越満、神楽坂恵、光石研、渡辺真起子、
        黒沢あすか、でんでん、村上淳、窪塚洋介、吉高由里子、西島隆弘、鈴木杏

  ◇監督/脚本:園子温


映画をみてから少し日がたちますが、鮮明にのこる鑑賞後のイメージを残したいと思います。

僕にとって、園子温監督は冷たい熱帯魚に続く2作品目でした。冷たい熱帯魚をとってもいえるのですが鑑賞後には脱力感を伴う背中を蹴り飛ばされたような衝撃を味わうことになりました。

水平から手放した振り子みたいに、大きくゆれる感情のふり幅に自分自身でも驚いてしまうぐらい。

本当に衝撃です。

感動や涙を伴うハッピーエンドの映画を好んで観てきた僕ですから、監督の映画に必ずといって出てくるエグいシーンももちろん好みません。えぐいシーンの9割を目を覆って勅旨しなかった冷たい熱帯魚でもその衝撃を感じて、劇場を後にすることになったほどです。

満たされた人には、向かない映画たちかもしれないです。もしかしたら、園監督の映画を観て「奇異をてらっている」と感じる方もいるかもしれません。ただ、思うのは現実には常識だけでは語れない出来事があるのだという事。

生ぬるい現実の悲しみに活を入れられるそんな映画です。

ストーリーには全く触れないけど、映画の感想としては今回はこれで十分かな?



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
ヒミズ 映画公園僕日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる