映画公園僕日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 愛のむきだし

<<   作成日時 : 2012/12/02 22:15   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

愛のむきだし


愛のむきだし [DVD]
アミューズソフトエンタテインメント
2009-07-24


Amazonアソシエイト by 愛のむきだし [DVD] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル




園子温の原点的作品。いやそこまで、僕はほかの作品を見ていないのだけど。

きっとそう。

そう感じる映画でした。
監督のFANの人に聞いたらこの作品を上げる人も多かった。
4時間の大作でけっこう見ることに体力もいるのに。

キリスト教と盗撮と愛と新興宗教の話。たまに同性愛とか。

これだけ長い時間の映画だけど、ダレない世界観が一環して健在してる。
とくにエピローグからタイトルにかけてのはじまりの熱量は製作者の意欲がすごいです。
見ているこちらにどんどん突き刺さるように届く。
それにこれは、ノンフィクションの部分もあるそうで。
ウィキによると監督の体験をもとに書かれているらしいですよ。それもすごい。
この非現実感を日常にしていた人って。

先日、ザ・高円寺で園監督がくるトークイベントがあったので行ってきました。
10月28日(日)『ナショナリズムの誘惑』なるタイトルで安田浩一と木村元彦とトークをしてました。
高円寺を舞台に映画をとったことがあるという縁で今回の出演のきっかけになったそうです。
10年前の作品で、中国人が高円寺を占拠するという内容のもの。
尖閣諸島とかいまでこそ現実味を帯びる話だよ。

そうそう、それで。

その時に垣間見た監督の雰囲気はなんだか面白いおじさんだったー。
面白いというのも愉快なおっさんというのではなくて。。
世の中には破天荒な人というのは存在するのだというのを目の当たりした気分です。
園監督、親しくしてもらっている人に街宣車を借りましてとか。なんなんだ、それ。

全米が泣いた現象。あのモントリオール映画祭。
世の中はメディアに踊らされている。

さりげなく、イベント後の開催されたサイン会にはしっかり参加して帰ってきた。

映画の感想は。
これを面白いといっていいのか。声に出すのをためらう感じというのが僕にとっての答え。
あえていうのなら満島ひかりがとてもかわいいー!
インコの人の壊れかたは演じている人も楽しそうでした。

など。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんは。お久しぶりです。
「愛のむきだし」!何度も『観ようっ!』と思うのですが、この長時間にヘナヘナと尻込みして、結局観ずじまいなんです。
それにしても、園監督ご自身も魅力的な人物なんですね。
godwhale
2012/12/05 23:32
お久しぶりです^ ^
そうなんですよね。時間がある時にでもぜひ。レンタルだったんですが借りるのも時間がかかりましたよ〜
こんばんは
2012/12/05 23:38

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
愛のむきだし 映画公園僕日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる