映画公園僕日記

アクセスカウンタ

zoom RSS ぐるりのこと。

<<   作成日時 : 2013/02/03 20:58   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

ぐるりのこと。

画像

 
 主演:木村多江、リリーフランキー
 原作・監督・脚本・編集:橋口亮輔

ある夫婦にめぐる時間をそっと描いた話。時代の変化の大きかった1990年代を背景に。
主役のふたり以外にも「夫婦」や「家族」がでてくるのだけどその形はいろいろだ。

ちょうど今GYAOで無料視聴してるのでよかったぜひご覧ください!
あとおすすめどころとして、エンディングの曲がいいのです。
アニメでも映画でも、ストーリーの雰囲気とぴったりぐっとくるエンディング曲ってありません?
まさにそれなんです。

無料動画 GyaO!【ぐるりのこと。】


なんだか化石みたいね。
時間が過ぎる中で積み重ねられていくことは自然ななりゆきで、形は変化していくもの。
だけど日常の中で、自分がその中にいると出来事や変化に一喜一憂振回されてしまって
変な形になると悲しくなったり、逃げたくなったりする。

この映画のキャッチフレーズは
「めんどうくさいけど、いとおしい。いろいろあるけど、一緒にいたい。」

とかく夫婦のお話なのです。

式を挙げたからとか、好きだからとかもちろんハンコを押したから夫婦なんじゃないことを
指の触れ合うところで描いていて、いそいそしないペースにプラスしてじんわりきてました。

あと印象的だったのがカナオのキャラで、ふっとだした本音というか影があって
話題にあがった「自殺」というワードに「逃げ」と敏感に表現していたのね。

「逃げないで生きているだけで立派じゃないですか」

 自殺は裏切りで、自分に納得したかっただけ。

ここのシーンはなんか書き残したかったのだよね。
明るくはないが。。

話は、映画に戻ーる。。。!

しがない夫の役にリリーフランキーさん。その妻には木村たえさん。
一緒に美大に通っていたどおしのふたりは30歳を向かえたときには友人から夫婦になっていた。

若さゆえ、経験の浅さゆえ自分の思いを通すふたり。
理論や自由の男の人と感情や生活の女の人のすれ違う男女関係は身近なところでもよく見かける気がする。知っている気はするのに渦中にいるとなんでうまく出来ないのか。

人の心の中は誰にもわからないとこぼす口数の少ない男の人と
その隣でうまく繋がれているのか自信のなくしていく女。

僕のことになるけどずっと言葉を交し合えば近づけるとか、わかり合えると結構な割合で信じてた。
この映画でも言っているけど人の思うことなんて本当は何にもわからないんだって年を重ねて思う。

言葉なんて意味がないし、結局お互いわかった気になっているのだけなのかもしれない。
だけどそれでも寄り添いたいし、力になりたいと思ってもただ通り過ぎていくだけの無意味なのかもね?
自己満足。

だけど、それでもそれをわかりあうことの意味にしてもいいかな?
繋がりたいと願う偶然の出会いを大切にしたい。
通り過ぎていくものも多いし、いきなり明日死んじゃう人もいるんだよ。何も伝えられないじゃん。
だから今の一瞬が大事って思って生きてきた。

これは、僕の正義。だけどこれを自分を守る正義にしてしまったらだめで、だけどだけど今日だけはここだけでそっと言いたい気分。少し飲んだせいかもね。センチな気分できっとあと見て恥ずかしくなるのだろうにね。


とにかく、ある日先輩の紹介で、リリーさんは法廷画家の仕事を手伝うことになる。
そこからぐるりとめぐる10年のふたりを描いた映画なんです。

なんだか、いいタイミングでみたせいか残るものが多い。


 佐藤翔子 - 木村多江
佐藤カナオ - リリー・フランキー
吉田波子(翔子の母) - 倍賞美津子
吉田勝利(翔子の兄) - 寺島進
吉田雅子(翔子の義姉) - 安藤玉恵
吉住栄一 - 寺田農
諸井康文 - 八嶋智人
夏目先輩(カナオの先輩) - 木村祐一
内田(カナオの友人) - 佐藤二朗
富田(カナオの友人) - 田中要次
橋本浩二 - 斎藤洋介
佐古田征二 - 春海四方
梶山栄子 - 菊池亜希子
和久井寛人 - 温水洋一
生方圭子 - 峯村リエ
小久保健二 - 山中崇
奸原聡(記者) - 山中聡
幼女誘拐殺人事件の弁護士 - 光石研
売春事件の裁判長 - 田辺誠一
倉持事件の裁判長 - 志賀廣太郎
資産家の母親 - 横山めぐみ
田中ツヨシ - 加瀬亮
佐伯志津子(売春事件被告人) - 新屋英子
小山悦子 - 片岡礼子
大間真治 - 新井浩文
安田邦正 - 柄本明


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
お久しぶりです。
僕もこの映画好きです。最初はリリー・フランキー主演だからってことで見たんだけど、映画全体に流れる「やさしさ」をとても気にいりました。
……と、人ってたぶん、ことばで分かり合えないことを知っているから、大好きな人に、たとえば、うつくしい景色を見せたいと思うし、たとえば、きれいな音楽を聴かせてあげたくなったり、たとえば、好きな映画をすすめたくなるんだと思います。
godwhale
2013/02/05 23:18
コメントありがとうございます。

こんばんは。お久しぶりです。優しいコメントをありがとう。映画のせい?かな^_^しんみりしました。

好きな映画が増えました。

すずき
2013/02/05 23:28

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
ぐるりのこと。 映画公園僕日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる